グリーンシードBB財団

ABOUT US

代表挨拶
GREETING

野々垣武志
PL学園OB
1989年オフにドラフト外で西武ライオンズに入団。
1995年オフに広島東洋カープに移籍。
2000年オフに福岡ダイエーホークスに移籍、2002年オフに戦力外通告を受ける。
その後、台湾球界に活躍の場を求め、2003年は誠泰太陽に在籍。
バッティングの潜在能力は高く、プロ初本塁打は対中日戦でメルビン・バンチからインコース寄りの難しいボールをレフトスタンドへ。
日本帰国後は、PL学園の先輩である桑田真澄が会長を務める
少年野球チーム「麻生ジャイアンツ」のコーチを務め、桑田が主催する野球教室にも帯同する。

私は野球が大好きです。野球というものを通して、私は、本当に多くの方々と関わることができ、様々な方に育てていただきました。
そこからたくさんのものをいただいたことを胸に、次は私が恩返ししたいという強い想いがあります。

これからの子供たちや学生さん、社会人の皆様に、再び貢献をしていきたいという思いに賛同いただける多く方の支えをいただき、今回、一般財団法人Green Seed BB Foundationの設立に至りました。

財団では、全国の野球がやりたくても経済的な理由や、様々な理由で野球ができない子供達や障害者の方々へ野球のできる環境を提供していき、そして小学生から社会人、草野球の選手の方々へは、仲間の大切さや、野球を通じて得られる人生の楽しさを、また、何かしらの理由で野球から遠ざかってしまい、野球の世界に復帰したいと願う野球経験者の方々のセカンドキャリアを応援し、支えになれるような財団にしていく所存でおります。
同時に、全国に存在する各種野球リーグへ、資金面や人材面などを主とした多彩なサポートを行うことにより、様々な形で野球選手の活動を支援させていただきます。

共に生きること、育てることの重要性を感じている方は多くいらっしゃるはずですが、自分一人のアクションではどうにもならないと、最初の一歩を踏み出せないでいる方も多いはずです。愛情を持って育てれば、小さな種から出た芽が小さな葉となり、その根が広がり、小さな葉が集まればやがて緑鮮やかな芝生になる。小さな芽がたくましい幹となり、やがては大きな森となる。

その小さな一歩を、一つ一つ大切にして、このGreenSeed BB Foundationを設立させていただきます。

愛情を持って小さな芽を育てるように、人を育て、助け合い、共に生きることで、また自分も育てられ学びを得る。

是非皆様にも、この想いにご賛同いただき、皆様のご助力を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

財団概要
OVERVIEW

名称 一般財団法人Green Seed BB Foundation
主たる事業所 160-0022
東京都新宿区新宿6-27-28 コンフォリア新宿イーストサイドタワー アネックス2F
法人設立日 2019年1月11日
設立者 野々垣武志
主たる目的 野球というスポーツを通じて、すべての国民の健全な成長を支援することにより、その意欲と能力を存分に活かせるような社会の実現及び社会福祉の向上に寄与することを目的とします。
公益目的事情 (1)野球を通じた児童の育成活動や支援活動の実施及び助成
(2)障害者の福祉事業についての助成
(3)野球界に置ける教育者の育成と指導
(4)児童育成及び社会福祉活動や事業についての啓発活動
(5)企業に置けるCSR活動参加への啓蒙とサポート
(6)その他法人の目的を達成するために必要な事業

セカンドキャリアマッチング
SECOND CARRER MATCHING

私は小学校の頃から野球を始め、14年間のプロ野球生活を経て、プロ引退後も少年野球の指導などで野球に携わる仕事をさせていただき、27年間という歳月を野球の世界の中で生活をしていました。
しかしながら、私は、2016年に交通事故で大怪我をしてしまい、私の全てであった野球に関わることも、出来なくなってしまいました。
野球をするのが当たり前だと思っていた生活が、突然の事故で、全てを失うような気持ちになったのを今でも覚えています。
私の脳裏に浮かんできたことは、家族の生活や家族への想い又、当然ながら収入がなくなることを意味し、何かをしたくても何もできず、その時の自分にはどうすることもできないという、果てしない絶望感を味わう事になりました。
私は、私の人生から野球を奪い取られ、しばらくの間は途方に暮れていました。
そんな折に、現役時代の先輩から紹介して頂いた会社の社長さんから、草野球をやろうと誘っていただいたのが、きっかけとなり現在は建物管理会社に勤めさせていただく事になりました。
それこそが、本財団発足のきっかけとなったのです。
当時の私の辛く苦しい思いは、不慮の事故や怪我、突然の戦力外通告などで、多くのプロ野球選手が体験していることだと思ったのです。
私の経験も踏まえ、そのような状況を経験している多くの野球経験者が、なんとか新しい一歩を踏み出すきっかけを作りたい、彼らが再び輝ける場所を作ってあげたいというのが私の想いです。
野球を通して、社会とのつながりを作り出し、様々な企業の方とのマッチングをしていくことで、多くの野球経験者に新たな扉を開いていくお手伝いが出来ればと考えております。

入会のご案内
JOIN US

当財団では、主旨にご賛同いただける、個人会員様・法人会員様のご応募をお待ちしております。
様々な特典もご用意しておりますので、下記登録フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ